2017-9短期 デザイン 国際サンゴ礁センター

隊次 2017-9(短期)
名前 伊藤 洋美(日本:なっちゃん、ボツワナ:アメ、パラオ:ヒロミ)
出身地 東京都
配属先 Palau International Coral Reef Center 通称PICRC(ピクリック)
活動内容
  • ファンドレイズ関係のデザイン
  • お土産のデザイン
  • 展示のデザイン
  • ウェブサイトのデザイン
  • そのほか教育関係・PR関連のデザイン

など諸々作成し、スタッフが修正してある程度使えるように指導する。
詳しくはブログへ→「続編・もし、日本のデザイナーがパラオへ行ったら」

日本での仕事・学校 筑波大学芸術専門学群卒業後、東京の広告制作会社2社に計8年くらい勤務。マス広告、パッケージ制作、SP、ウェブサイト、サイネージ動画制作などの仕事に携わっていました。2014年に協力隊長期派遣でアフリカのボツワナ国立博物館配属、展示・イベント・PR関連のデザインを担当。任期延長し2017年3月に帰国。
ブログ:「もし、日本のデザイナーがアフリカへ行ったら
協力隊への参加理由 日本国内でデザインを仕事にしていると、労働条件が過酷な上に大量生産・消費の促進がメインマターなので次の世代では通用しないなと漠然と思っていたのと、体力的にクライアント絞る必要が出てきて、絞るなら開発協力の現場のどこかにデザインが入る余地がないかなと思ったから。
趣味 テニス、漫画、アニメ
パラオの印象 湿度・安全・肥満・魚・海・島・ゆるゆる・親日。ヒロミがほぼ現地名なのが寂しい。
10年後に任地訪問。
パラオで達成したいことor達成したこと
  • 技術移転の簡易化の成功
  • 16ステートの車のナンバーの写真収集
  • 帰国後のトーイックで850取れるように頑張る
パラオのお気に入りの場所 絶景オフィス、多分、世界屈指の隊員配属先rs_DSCN1267
パラオでオススメの店 アリウスCafe(PICRCのバックヤード、アリウスの工房裏にあるランチスポット)rs_DSC_7293
休日の過ごし方 アイライでテニス、ダイビング、疲れて寝る、本読む、コーヒーベリーでネット、たまに仕事

ボツワナの話
最初の派遣国。初恋みたいなものなので、当分引きずります。
アフリカ大陸南部、国土の大半をカラハリ砂漠に覆われ、降雨は年10日程度の内陸国でした。北部の雨が多いエリアは世界No. 1のゾウ密度を誇る動物保護区で、5年ほど前に完全な保護ルールを適応した結果、近隣諸国からゾウが密猟のないボツワナに避難してきたため、ますます数が増えています。年に2〜3人くらいゾウに殺される現地人がいます。
人口200万人に日本人は70人、韓国300、中国2000程度だったため、アジア人は全員「チャイナ」と呼ばれていました。未だに中国語のメールの翻訳をしてくれという藁にもすがる依頼がボツワナ人からきたりします。本当に藁でしかない。
穏やかで争うより逃げる方を選ぶ、タフな交渉ができない、ダンスと世間話と肉が好きなツワナ人はちょっとパラオ人に性格が似ていたりします。

カンボジアの話
母の派遣国です。元中学校理科教員、現役のSV隊員(2016-3)で、シェムリアップの教育省に教育行政で現在3度目の派遣中。
2年前に亡くなった父が創設したNGOが現在でもカンボジアで続行中のため、割とつながりの深い国になりつつあります。NGOアンコール・クライマーズ・ネット

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中